お酒大好き!!おいしいお酒紹介します
 ビール、日本酒、焼酎、リキュール、うまい酒をジャンルにこだわらず紹介していきます。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

梅酒ワイン(ワインベースの梅酒)
うめ酒わいん 白 1800ml
珍しいワインペースの梅酒。
埼玉県入間郡毛呂山町の麻原酒造の酒。

 僕が見つけることの出来た唯一のワインベースの梅酒がこの『梅酒ワイン』です。
※リンク先の酒屋さんでは『うめ酒ワイン』と表記されていますが、製造元のHPでは『梅酒ワイン』として紹介されています。

 ワインベースの梅酒とはワインに梅の実を漬け込んだものです。意外なことに、ワインベースの梅酒はなかなかないんです。『梅酒ワイン』は実はかなり珍しいお酒なんです。

 一般に『梅ワイン』と言われているものがあります。『梅ワイン』は梅の実を醸造したフルーツワインで、ワインに梅酒を漬け込んだ『ワインベースの梅酒』とは別のお酒です。
 混同しやすいので注意が必要です。

 さて、麻原酒造の『梅酒ワイン』は越生梅林産の梅を豊富に使用し、赤ワインと白ワインに漬け込んであります。
 梅の酸味とワインの甘味がマッチして、フルーティーで飲みやすい梅酒に仕上がっています。赤と白のどちらがいいかは好みの問題ですが、僕はどちらかと言うと白が好きです。

 なお、リンク先からは赤白それぞれの1800mlと500mlを購入することが出来ます。

 それにしても、ワインに梅酒を漬けるだけなのに、ワインベースの梅酒があまりないのが意外です。その意味で、麻原酒造の『梅酒ワイン』はいいところに目をつけたなと思います。
 ここからは余談です。

 なぜか市販されているワインベースの梅酒は少ないです。しかし、ワインベースの梅酒は自分で作ることも出来ます。

 このことについては面白いエピソードがあります。
 朝日新聞が様々な梅酒を造ろうという記事を書き、その中でワインベースの梅酒も推奨してしまったのです。しかし、実は、アルコール度数20%の酒で梅酒を免許なしに作ることは酒税法に違反するのです。

 僕は先ほど、ワインベースの梅酒は自分でも作れると書きました。僕は違法行為を推奨しているのでしょうか?
 勿論違います。

 詳しくは来年の梅酒を漬ける時期に書きますが、アルコール度数20%以上の梅酒用の梅酒が発売されているのです。
 キッコーマン(マンズワイン)の『果実を漬けるワイン』という製品で、白と赤があります。この製品を使えば、合法的にワインベースの梅酒を作ることが出来ます。
 http://www.kikkoman.co.jp/products/lineup/56T20.html
 僕は試したことがないですが、梅以外にもいろいろな果実が漬けられるようです。試してみるのも面白いと思いますよ。
スポンサーサイト
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://sakedaisuki.blog19.fc2.com/tb.php/86-1f79dfaf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このサイトについて

おいしいお酒、珍しいお酒などの紹介をしています。写真をクリックするとショップにジャンプします。

 人気blogランキングへ



ブログ内検索



おすすめ




カテゴリー



相互リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。