お酒大好き!!おいしいお酒紹介します
 ビール、日本酒、焼酎、リキュール、うまい酒をジャンルにこだわらず紹介していきます。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

柚子のリキュール『すてきなゆず酒』
すてきなゆず酒 1.8L 送料込
柚子のたっぷり入ったゆず酒
埼玉県入間郡毛呂山町の麻原酒造のリキュール
アルコール度数7%1800ml

 麻原酒造のある埼玉県入間郡付近は奥武蔵と呼ばれていますが、奥武蔵は柚子の産地としても知られています。
 『すてきなゆず酒』は醸造アルコールをベースに、ゆず果汁をたっぷりと使ったリキュールです。

 アルコール度数7%なので、お酒が苦手な人でもストレートで楽しめると思います。冷蔵庫でやや強めに冷やして、風呂上りなどに飲むと、爽快感が味わえ、気持ちよく酔えると思います。

 このブログで紹介した柚子の酒一覧は『これまでに紹介したゆず酒一覧』にまとめてありますので、ゆず酒に興味のある方は参考にしてみてください。

『れんと』の蔵が造る黒糖焼酎『ネリヤカナヤ』
ネリヤカナヤ 25度 720ml [鹿児島県]
100%奄美にこだわった黒糖焼酎
鹿児島県名瀬市の奄美大島開運酒造の焼酎
アルコール度数25度720ml

 『ネリヤカナヤ』は奄美大島開運酒造が造る黒糖焼酎です。奄美大島開運酒造は、飲みやすく、女性に人気があり、女性が
造る黒糖焼酎として知られる『れんと』の蔵元としても有名です。
 『ネリヤカナヤ』はその『れんと』のワンランク上の黒糖焼酎的な存在です。
 
 『ネリヤカナヤ』が『れんと』のワンランク上の黒糖焼酎たるゆえんは二つあります。
 まず、『ネリヤカナヤ』は奄美にこだわり、奄美産(大島郡字検村産)黒糖を100%使用しています。黒糖焼酎と言えば奄美ですが、奄美産の黒糖のみを使っている黒糖焼酎はあまりないようです。
 もうひとつは、『ネリヤカナヤ』は通常より20%も黒糖を多く使用していることです。それによって、『ネリヤカナヤ』は黒糖の風味と甘みが増しているようです。

 僕は、『ネリヤカナヤ』を居酒屋でロックで飲んだのですが、甘みとうまみがあり、しかも飲みやすいとても美味しい黒糖焼酎でした。

 『れんと』よりはやや高いですが、『ネリヤカナヤ』はお薦めの黒糖焼酎です。
 特に、飲みやすい黒糖焼酎を求めている人や、『れんと』にはまっている人には、『ネリヤカナヤ』は是非試して欲しい黒糖焼酎です。

ベルビュー・クリーク缶(フルーツランビックビール)
ベルビュー・クリーク缶330ml
ランビックビールにさくらんぼを漬け込んだビール
ベルギー・ベルビュー醸造所のビール
アルコール度数5.2%330ml

 フルーツランビックは、ランビックビールにフルーツを漬け込んだビールです。中でも、ベルビューのフルーツランビックは定番中の定番で、癖がなくとても飲みやすいです。
 その点をどう捉えるかは人によって違うと思います。フルーツランビックマニアにすれば、物足りないと感じるかもしれませんし、マニア以外には、飲みやすくて親しみやすいフルーツランビックと思われているのではないかと思います。

 ひとつ言えるのは、始めてフルーツランビックを飲む人は、まずはベルビューのフルーツランビックビールを試してみるのがよいのではないかということです。
 癖がないし、このビールをまずいと思う人はあまりいないと思います。

 フルーツランビックは、フルーツのスパークリングワインに似た味がします。ベルビューの場合は癖がないので、他のフルーツランビックよりもフルーツスパークリングワインに近い味になっています。

 ベルビューのフルーツランビックにはいくつもの種類がありますが、クリークはさくらんぼを漬け込んだフルーツランビックです。
 かすかな酸味と甘みが心地よく、お酒の苦手な人手も楽しめる味に仕上がっています。

 ベルビュークリークはフルーツランビックの定番で、日本でも手に入りやすいです。スーパーなどでもよく見かけます。
 ただ、缶のベルビュークリークを見たのは初めてだったので、今回紹介してみました。

まろやかで飲みやすい芋焼酎『松の露』
松の露 25度 900mL
コストパフォーマンスの高いまろやかな芋焼酎
宮崎県日南市の松の露酒造の焼酎
アルコール度数25度900ml

 芋焼酎といえば鹿児島ですが、宮崎にも芋焼酎がいくつもあります。
 『松の露』は宮崎県の松の露酒造の主力のレギュラー焼酎です。900mlが1000円前後で買える安い焼酎です。
 
 安いですが、味はいいです。まろやかで口当たりがよく、さほど癖も感じられません。
 とても飲みやすく、25度とは思えないほどぐびぐび飲みやすい焼酎です。

 庶民は、いつでも高い焼酎を飲めるわけではありません。たまには贅沢なプレミアム焼酎も飲みたいですが、普段はレギュラー焼酎を楽しむ人が多いと思います。
 飲みやすく、飽きがこず、ぐびぐび飲める『松の露』は家庭での毎日の晩酌に適しています。

 テーブルワインという言葉がありますが、「テーブル焼酎」として、『松の露』は非常に高水準にあると思います。

 『松の露』にはアルコール度数20度のものもあります。
 また、黒麹を使って仕込んであるものもあります。
松の露 黒麹仕込み 20度 900ml

長期完熟麦焼酎『至福の陶酔』
至福の陶酔
樫樽で長期貯蔵した麦焼酎
鹿児島県薩摩川内市の山本酒造の酒。 
アルコール度数25度720ml

 薩摩と言えば、芋焼酎を思い浮かべる人が多いと思います。山元酒造も、「さつま五代」で知られる代表的な芋焼酎の蔵元です。

 しかし、薩摩では、芋焼酎以外の焼酎もたくさん造られています。山元酒造も芋焼酎以外にもいくつもの焼酎を作っています。

 「至福の陶酔」は麦焼酎です。
 麦・麦麹から造った常圧蒸留の麦焼酎を、樫樽(ホワイトオーク)で5年間という長期に渡って熟成させています。

 まろやかで、甘みがあり、わずかな酸味(樫の成分だと思われます)がアクセントを添えている、美味しくて、度数のわりに飲みやすい酒に仕上がっています。
 口に含んだ時、心地よい香りが口の中に広がるのも気持ちいいです。

 ストーレートかロックが美味しいと思います。
 まろやかで、飲みやすい酒ですので、酒が苦手でなければ、ストレートでも飲みづらいことはないと思います。


このサイトについて

おいしいお酒、珍しいお酒などの紹介をしています。写真をクリックするとショップにジャンプします。

 人気blogランキングへ



ブログ内検索



おすすめ




カテゴリー



相互リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。